KingoRoot Android

4.5.8

KingoRootでAndroidスマートフォンやタブレットのスーパーユーザー権限を入手しよう。このアプリからワンクリックでデバイスをroot化できます

スマートフォンやタブレットをroot化するにはNASAの研究者になる必要はありません。確かにこれは最初は多くの人にとって難しく思えるかもしれませんが、実際のところはシンプルなプロセスで実行する事が可能となる多くのアプリが存在し、Androidデバイスでスーパーユーザー権限を持つことの利点を活用できるようになります。

実際、その最高の例の一つがKingoRootです。これは数ステップだけで端末のroot化を達成するためにデザインされたアプリケーションであり複雑な要素は一切ありません:ワンクリックだけで完了です。

どうやってAndroidをroot化する?

以前はより一層複雑でした。優れた頭脳指数が必要であったわけではありません:USBケーブルで携帯電話をパソコンに接続してアプリからプロセスを実行するにはデスクトップアプリケーションが必要でした。今でもそのような方法で行うことは可能ですが、Windowsバージョンからそのように行なえます、しかしプロセスは非常にシンプル化されておりこのAPKを使えばダウンロードしてスマートフォンから直接パソコンの助けなく実行できます。そのステップは:

  1. ステップ1:デバイスにアプリケーションをダウンロードしましょう。下にある緑のダウンロードボタンをタップするだけです。
  2. ステップ2:ツールをインストールして起動しましょう。
  3. ステップ3:携帯電話をroot化するボタンをタップします。
  4. ステップ4:再起動を待って完了です:デバイスはroot化されています。

これは最も強力なroot化アプリで機能するデバイスの種類も多く成功率の特に高いアプリの一つです。それは開発者によって定期的にアップデートされ作業に使用するスクリプトを改良しているからです。

対応しているメーカーに関しては、Android製造企業の大部分に対応し、それには以下の端末が含まれています:LG、Google、Sony、HTC、Samsung、Huawei、Dell、Benq...そしてAndroidの1.5から5.0バージョンに対応しています。

Androidをroot化してスーパーユーザー権限を入手することの利点は何か?

もちろん、root化とはなにかを知っているべきで、これはつまるところシステム全体へのアクセス権限であり、オペレーティングシステムに必要は変化を加えることができます。これはAndroidがオープンなフリーコードであることから問題なく可能であり、ただし一部のメーカーは独自のシステム変更を加えているので保証の対応外になる可能性があります。

利点としてはデバイスを完全にコントロールしてパーソナライズされたROMをインストール可能になり(いわゆるCustom ROMs)、プレ設定されている邪魔なアプリであるブロートウェアをアンインストール可能になり、Titanium Backupなどのツールから完全なバックアップの作成が可能となります。しかもこれに加えてフリーなデバイスでしか使用できないアプリケーションも使用可能にあり、デバイスのパフォーマンスをさらにコントロールすることが可能となります。

欠点としてセキュリティーの問題が発生し、一部のアップデートが正しく行えなくなること、そして前述のように保証の対象外になることがあります。

条件と追加情報:
  • 対応OS Android 4.1.
  • APKファイルによるアプリインストールには、設定→アプリケーションにおいて「開発元不明のアプリ」を有効化しておく必要があります。
Kingosoft Technology Ltd.
今月
昨日
4.9 MB

是非、ご意見をお聞かせください。

未接続

未接続